Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定光寺を散策。

前回の続きなんですが。。。。


「滝がみえるカフェ 器楽々」



ここに行くまでに気になった神社や、お寺がありました。
尾張戸神社や、龍泉寺などがそれでした。


うさこママや、娘ちゃんが、神社や、お寺に行ってみたい。。。

と思うのは、なんでなんだろうって。。。

ときどき思うんだけど。。。。

まだ。。。よく説明が出来なんです。

ただ。。。娘ちゃんには、わずかに霊感があって。。。。

何かが見えるっていうより、それらがいる感じのするところが苦手。

なのでそんなところに行くと、霊の方が近寄ってくるという厄介な体質。

なので。。。。気が付いたら、たくさんの霊たちが乗っかっているという事に。
(このことはだいぶん前に、霊の見える方から教えてもらったんです。)

私たちは見えませんで。。。だから厄介でもある。

こうなると。。。娘ちゃんはとっても具合が悪くなる。

小さい頃から。。。そのことがわからなくって。。。我儘な子だって誤解した事も多々あった。


なのでだよね。。。わかるようになってからは、

霊たちが苦手とする神社やお寺に行く機会がなんとなく多い気がする。

特に奈良は、霊たちに対して、大きな力のある神社仏閣が多くあると娘ちゃん。

なので、定期的に行きたいらしい。


気の弱い霊なら。。。その場に行くだけでいなくなるらしい。。。。


定光寺に行ってみたら。。。

なんと清々しい。。。

多分。。。乗っていた大半の霊はその場所からいなくなったようです。

それくらいとっても気持ちがいい所でした。

定光寺
1336年に創建。
臨済宗妙心派の寺。
本尊 延命地蔵願王菩薩

1650年に尾張徳川初代藩主徳川義直が没し、遺命によって定光寺に埋葬される。
源敬公廟が造営されて、尾張徳川の菩提寺となった寺である。


廟も拝見しました。


どういうわけか。。。。定光寺の全く写真が写せなかったうさこママ親子。。。。

今回は仕方がない。。。

帰りがけに天然石のブレスが沢山並んでいる売店まで来て、


そこのお姉さんとたわいないお話をしているうちに。。。。


石のブレスってどうやって選んだらいいのかって話となったんです。


そしたらみて下さるって事になって、

本来3本のブレスが必要なんですって。


その後で。。。雲水さま(あるいは住職さまか。。。)がいらして。。。深く説明して下さり。。。

娘ちゃんのプラスの菩薩は、千手観音菩薩(天)。
マイナスの菩薩(地)、今年の菩薩(人)。。。

これを一つづつ、合わせていくと良いらしい。


そして、娘ちゃんを困らせる。。。どうして霊たちがうろうろとしているのか教えて下さり。。。

乗ってきた時の、おはらいの不動明王御真言も教えて頂きました。

そしてさらっと~軽くお祓いして下さいました。。。。(スッキリしたみたい)


   なので、娘ちゃんには、霊たちが寄ってこないお役目と、
   今いるものが祓われるお役目のブレスが必要って事となって、

でも。。。3本も買えないって事にもなって。。。。いろいろ相談に乗って下さり。。。。

本当にたくさんのブレスがあったんですけど。。。。

とにかく石たちが綺麗なんです。。。。

12日間のお経がはいっていると言われましたが。。。。

上質の石が使われているようです。


その分お値段はちょっと凄かった。


けど。。。娘ちゃん。。。買っちゃいました。

石はご縁でもあるんです。

今日はこのブレスに出会うためにここに来たって思うって。。。。


それを付けての帰りは。。。。



とっても気分がよかったって。


良かったね。




次回はうさこママも見て頂こうかな~。




それで買って来たブレスはこちらです。
037_convert_20140814000538.jpg
3つの梵字が入っています。5色の石が並んでいるそんなブレスとのご縁。。。。

どうか娘ちゃんが厄介なもの達から守られますように。。。


ちなみにお話して下さった雲水さまか。。。住職さまか??
    お肌がとっても綺麗なお方でして。。。。
    ちょっとイケメンでした


ありがとうございました。





ではまたね。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

ご案内

プロフィール

うさこママ

Author:うさこママ
ゆるべジ大好きな主婦です。
趣味はランニング。
キラキラ輝きたい!!と願って、
日々の奮闘をアップしますね。

最新記事

蝶が舞うリースの時計

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。